初めてのウォーターサーバーならワンウェイ式がおすすめ

フレシャスのウォーターサーバー

最近はウォーターサーバーを設置する家庭が増えています。

 

安心安全で、美味しい水を楽しめることから注目を集めています。また、24時間いつでも冷水と温水が利用できるのも大きなメリットです。

 

ウォーターサーバーには様々な種類があります。大きく分けるとワンウェイ式とリターナブル式になりますが、初めてウォーターサーバーを取り入れるという方はぜひワンウェイ式を選んで欲しいと思います。

 

ここではワンウェイ式をおすすめする理由やウォーターサーバーの選び方、お水の選び方などを紹介していきます。

 

ワンウェイ式をおすすめする理由

ワンウェイのメリット

ワンウェイ式のウォーターサーバーは常にボトルの中が真空状態となっています。空気がボトルの中に入り込まないように作られているので菌の繁殖を予防できてとても衛生的です。

 

リターナブル式の場合は業者の回収まで空のボトルを保管する必要がありますが、ワンウェイ式はそのままゴミとして出せるのでスペースを取りません。

 

衛生状態を保てるので開封後の賞味期限がリターナブル式より長いという特徴があります。

 

ワンウェイ式ウォーターサーバーとガロン式の比較ポイント

ウォーターサーバーは大きく分けると「ワンウェイ式」「ガロン式」の2つになります。それぞれの特徴を簡単に説明すると次のようになります。

 

ワンウェイ式 ガロン式

 

使い捨てタイプのボトル。柔らかい素材を使用しており、コンパクトにつぶせる。使用後は資源ごみとして捨てることができる

 

「リターナブル式」とも呼ばれる再利用可能なボトル。使い終わったボトルは業者が回収。捨てずに回収まで保管する必要がある

比較のポイント

ごみの問題

両者の比較ポイントとして最も大きい点が「ごみの問題」になります。ガロン式の場合は再利用しなくてはならないため次回業者が回収に来るまで自宅で保管しておかなくてはなりません。そのためある程度の場所を確保する必要があります。

 

一方のワンウェイ式の場合は資源ごみとして捨てることができるので家のスペースが取られる心配はありません。しかし、100%リサイクルされるわけではないので少なからずゴミが出てしまうというのはデメリットだと言えるでしょう。使い勝手の良さではワンウェイ式のほうが人気が高いです。

 

衛生面の比較

ウォーターサーバーは比較的長期間にわたって1本のボトルを飲むことになります。そのため雑菌が繁殖してしまうなど衛生面が心配だという方も多いでしょう。ガロン式の場合中に空気が入るのでできるだけ早めに飲み終わらなくてはなりません。一方のワンウェイ式は空気が中に入らないように作られているものが多いので衛生的です。

 

料金の比較

ウォーターサーバーは月々の料金が発生するためできるだけ安い方を選びたいものです。ワンウェイ式とガロン式のどちらもほとんど同じような料金ですが、比較してみるとワンウェイ式の方が若干料金が高い傾向にあります。むしろ「どこの水を使用しているか」の方が料金に直接関係してきます。

 

ワンウェイ式ウォーターサーバーで美味しい天然水を楽しもう

ウォーターサーバーを選ぶ理由の1つが「美味しい天然水をもっと身近にしたい」というがあります。これまでは天然水を飲みたい場合はスーパーやドラッグストアからペットボトルで購入するのが一般的でした。しかしこれだと女性や年配の方にとって持ち運びが大変ですウォーターサーバーなら業者が自宅まで水を運んでくれますし、いつでも冷たい天然水、温かい天然水を飲めます。これまで以上に天然水が身近なものになります。

 

天然水のウォーターサーバーを選ぶときには「ワンウェイ式」がおすすめです。というのも、ウォーターサーバーに使用されている天然水は入念に検査されているものの、RO水など純粋な水と比べると雑菌が繁殖しやすいという弱点があります。

 

美味しい天然水

そこで安心して飲むことができるウォーターサーバーとしてワンウェイ式が高く支持されています。従来は減った分だけボトルの中に空気が入り込んでしまい、中に雑菌が繁殖しやすい部分が少なからずありました。しかしワンウェイ式だと中に空気が入らずに減った分だけボトルが小さくなるという特徴があるため新鮮な状態を維持しやすくなっています。

 

いつまでも鮮度が高ければ味を損なう心配もありませんし、衛生面も安心。また、使い終わったボトルはそのまま資源ごみとしてリサイクルすることができるので家のスペースをとらないというのも嬉しいメリットの1つだと言えるでしょう。

 

ウォーターサーバーで使用されている天然水は富士山や阿蘇、南アルプス、奥大山など全国各地の有名な水所が多く見受けられます。それぞれの採水地によって味や特徴も大きく異なるのでいろいろと試してみてはいかがでしょうか。

 

サーバー業者の選び方

それではワンウェイ式ウォーターサーバーを取り扱っている業者の中から自分にぴったりのところを選ぶにはどうすれば良いでしょうか。

 

まず最初に1ヶ月あたりの料金を計算することをおすすめします。例えば4人暮らしの場合だと1ヶ月あたり50リットルの消費量があると言われています。数ある業者の中から50リットルを購入する際に最も安いところ、サービスが充実しているところを選ぶようにしましょう。

 

またその他にも定期購入コースがお得、メンテナンス料金が無料、サーバーレンタル代が無料など様々な面から選んでいきましょう。

サーバーランキング

frecious

女性に嬉しい工夫が盛りだくさん

軽量7.2パックだから楽に取り付けができる

空のパックは小さく畳めるからかさばらない

エコモードで電気代の節約もばっちり!

お水の種類 サーバー代 500mlあたり

2種類(7.2L)

無料

約73円


frecious


 

cosmowater

天然水のウォーターサーバーで高評価

選べる4種類の天然水

妊娠中や小さな赤ちゃんのいるママにも安心

片手で簡単にボトルを交換できるサーバーも選べる!

お水の種類 サーバー代 500mlあたり

4種類(12L)

無料

約79円


cosmowater


 

urunon

メンテナンス不要!3年に1度無料で新品に交換

配送は安心のヤマト運輸

選べる3種類のお水

チャイルドロック付きの安心設計

お水の種類 サーバー代 500mlあたり

3種類(12L)

無料(キャンペーン限定)

約75円


urunon


 

clytia

美味しいお水の違いを実感

赤ちゃんにも安心の確かな安全性

豊富な天然ミネラルを含んだお水を手軽に

どんなお部屋にも合うおしゃれなデザイン

お水の種類 サーバー代 500mlあたり

1種類(12L)

無料(一部例外あり)

約78円


clytia


 

kirin

大手メーカーKIRINのお水だから安心安全

初期費用、維持費が無料だから経済的!

コンパクトなウォーターパックだからかさばらない

光センサー搭載で自動に節電

お水の種類 サーバー代 500mlあたり

1種類(7.15L)

無料

約79円


kirin